プログラマーに引き抜きの求人があると、高待遇が約束され、つい浮かれがちになりますが行動は慎重に行いましょう。

あまりにも平均年齢が若い会社の求人も注意

Hot Entry
あまりにも平均年齢が若い会社の求人も注意
あまりにも平均年齢が若い会社の求人も注意

プログラマーの引き抜きによる求人は慎重に行動

生産性の高い優秀なプログラマーであれば、何かの機会に引き抜きの求人で声が掛かることは珍しくありません。中には大手のヘッドハンティングを専門としている企業から、直接電話が入るというケースもあります。しかし、一般的には大きなプロジェクトで外部の会社と交流があった場合などに、水面下で行われることが多いと言えるでしょう。

しかし、冷静に考えてみると、選りすぐりの人材を集めたプロジェクトの場合には、また何かの機会に顔を合わせるという可能性もあるのですから、いくら高待遇の引き抜きとは言え、事は慎重に運ばなければなりません。引き抜かれて移る会社は良いとしても、辞める会社にも良い印象を残して、今後顔を合わせることがあっても、何の支障もないようにしておく必要があります。

従って、大きな動きを取って引き抜かれて転職してゆくのではなく、あくまでも会社は普通の有りがちな理由で辞めておく方が賢明です。そしてまた、再び業界内で働くことになるかもしれないというニュアンスも残しておくと良いでしょう。たとえば一時期、家の事情で故郷へ帰るとか、しばらく海外に行くとか、双方にとって差し障りの無い理由で穏便に退職しておくことです。そして、引き抜かれた会社へ転職した後も、とにかく謙虚な態度が大切で、引き抜かれた事など表に出さないことです。そうすれば、自分自身のハードルを必要以上に上げる必要もなく、マイペースで働くことが出来ますので、結果的に、いつもの実力を出し切ることが出来ます。

新着おすすめ